Translation

食べログNo.1の”てん to てん”で木炭そばを味わう!!

グルメ
スポンサーリンク

沖縄県内に数多くある”沖縄そは”屋さんのなかでも、その上品な味わいと雰囲気の良さで1度食べると通いたくなる、人気の美味しいそば屋さんがあります。今回は、那覇市識名にある沖縄そば屋さん“てん to てん”を紹介します!

スポンサーリンク

てん to てん

沖縄県識名は住宅地やお墓が多いのですが、そんな入り組んだ住宅地にこの美味しい沖縄そばのお店”てん to てん”があります。”てん to てん”は”食べログ1位”に輝いているだけに、観光客にも、地元にも評価されているお客さんの絶えない人気のお店です。看板もなく初めて行かれる方は少し分かりにくい場所にあるかもしれませんが、是非沖縄を訪れる際には、味わってほしいお店です。まず、外観は緑のツタに覆われて、まるでギャラリーのよう!!建物自体がかなり味わい深くインパクトがあります!!!

外の外観とは比べて中は大違い!!!広々としており、天上も高く、席も沢山あり、座布団に座るタイプの和式と、奥にはテーブルと椅子に座れる洋式席もありとても綺麗です!てん to てんのメニューはとてもシンプル!!

“木炭そば”と”古代米おにぎり”

てん to てんのそばは、麺はツルッとしていて縮れ麺。通常の沖縄そばの麺よりコシがあり食べやすいです!スープは鰹出汁が効いて、あっさりしていながらも味わい深い上品な味わいが特徴!!気がつけば全部飲み干しています。ソーキも超柔らかく炊かれていて美味しいです!!

木炭そば

“木炭そば”とは、かんすいを使わない伝統的な沖縄そばの製法で、実際ガジュマルやデイゴなど木炭を利用したそばで、ミネラルも多く含まれヘルシーな製法。手間がかかり、”木炭そば”を使った製法のそば屋さんは少数。”てん to てん”のそばは化学調味料が一切使われておらず、無添加です。ヘルシー志向の方には嬉しいですね!!!

まずは何もかけず、そのまま食べましょう。その後泡盛唐辛子をかけて食べるのがオススメ!そのままでも充分美味しいですがこの際なのでかけて、地元の味にトライしてみましょう。沖縄そばだけでも、オーダー出来ますが古代米と一緒にオーダーするのがベスト!古代米を使ったオニギリと、お店特製の肉味噌はどこか懐かしいような素朴な味わいで、木炭そばとよく合います。肉味噌はレジに置いてあり、買って帰ることもできますよ!

デザートの”あまがし”

メニューの中にただ一つだけある、デザート”あまがし”は、緑豆と押し麦、白玉の入った冷やしぜんざい。プチプチした食感と、白玉、優しい甘さが口の中で広がり食後にぴったりなデザート!そばの後は、このさっぱりとしたデザート、”あまがし”を頂きましょう!!!

スポンサーリンク

まとめ

隠れ家的な”てん to てん”の木炭そばは、¥650とリーズナブルでお財布に嬉しいところ。アートギャラリーなインパクト大な見た目に、シンプルで上品な奥深い味わいのカツオスープに、こだわりの製法で作られた”木炭そば”1度食べるとリピーターになる!沖縄県内の沖縄そば屋さんの中でも、特に大注目のお店です!!