Translation

沖縄名物“沖縄ぜんざい”を食べる。富士家へGO!

カフェ

『ぜんざい』と聞くと、寒い冬に食べるものとふつう考えますよね。しかし、一年中暑い沖縄にも『ぜんざい』を食べる習慣があります。その名も『沖縄ぜんざい』!『沖縄ぜんざい』は地元の方から愛される、暑さをしのぐ食べ物です。観光客の方も一度食べるとハマるリピーターも多くおられるほどです。では、暑い沖縄で食べる『沖縄ぜんざい』とは…?そして、地元で人気のお店は?

沖縄ぜんざいとは?

『沖縄ぜんざい』とは、黒糖で甘く煮た金時豆と煮汁を冷やし、白玉が添えられた“カキ氷”です。昔では、甘く煮た金時豆を全般に「あまがし」「ぜんざい」と呼んでいました。戦後に冷蔵庫が普及し、カキ氷にトッピングされ、現在の『沖縄ぜんざい』になり、様々な年齢層から愛されるようになりました。

金時豆は、カルシウム、ビタミン、食物繊維が豊富で、便秘や生活習慣病予防に効果があります。

超人気店 富士家

那覇で特に有名なかき氷屋さんです。富士家は創業24年ほどになります。沖縄で初めてぜんざいの配達を始めたお店です。「暑い沖縄で、冷たい氷をクールぜんざいを宅配したら女性が喜ぶだろうな…」と。現在もなんと全国発送しています。いつでも、富士家の沖縄のぜんざいを食べることができるのです。(全国一律1000円)実は、女優の国仲涼子もバイトしていたお店です。

この富士家の特徴は、冷たいまま食べれるように真空二重構造のタンブラーから氷を少しずつとり、金時豆と白玉とまぜて食べます。金時豆の甘い煮汁とモチモチした白玉がたまりません。付け合せに「亀せんべい」が付いてきます。冷たく甘い「沖縄ぜんざい」を食べながら、しょっぱい亀せんべい・・・。絶妙な美味しさです。モチモチした白玉は追加でトッピングもできます。

富士家ぜんざい 370円 

オーナーのこだわった美味しい食べ方

豆の煮汁から作った手作りの氷を最後までシャリシャリのまま食べてもらいたい・・・。そんな思いから抜群に保冷性のあるオリジナル容器が完成しました。豆とモチを氷の容器に三、四回に分けてゆっくり、くつろぎながらお召し上りください。

こだわりの内装

店内は海が大好きなオーナーだけあって、こだわりの内装です。サーフィンと店内のBGM・・・。沖縄の青い海に入りたくなります。店員さんもみなさん元気がよく、オーナーのこだわりが感じとれます。

関連画像https://r.gnavi.co.jp/kstfbxhf0000/

テイクアウトもできる

そもそも富士家のオーナーは沖縄ぜんざいの配達を考えたのが始まりでした。もちろん、テイクアウトもこだわっています。テイクアウト用の沖縄ぜんざいは、食べ時に合わせて氷の硬さを調整できます。最大1時間も!!持ちます。

「富士家 沖縄ぜんざい 持ち帰り」の画像検索結果http://www.okinawa365.com/article/420215864.html

富士家監修「沖縄ぜんざい」イオン琉球でも販売開始!

富士家が監修した「沖縄ぜんざい」と「マンゴー氷」が2019年4月から販売されました。イオン琉球全47店舗や全国のイオングループでも販売します。値段は178円、合計36万個を販売予定。ぜんざいは甘すぎない豆で、白玉がもちもちしています。冷蔵庫から出しても、おいしく食べれるように氷の配合を工夫しスプーンが入りやすくなっています。

「富士家 沖縄ぜんざい イオン琉球」の画像検索結果http://www.aeon-ryukyu.jp/magazine/5617/

ここがイチ押し

  • 比較的に空いている早い時間帯に行ったほうがいい。
  • かき氷はちょっとという方でも「ミニ富士家ぜんざい」もある。
  • 小さい子連れのファミリーでもいける
  • ランチメニューもある

ここはちょっと・・・

  • 平日でも満席になることも

店舗情報

富士家(泊本店)

  • 住所:沖縄県那覇市泊2-10-9
  • 営業時間:11:00~ 21:00
  • 定休日:年末年始
  • TEL:098-869-4657
  • 駐車場:あり

まとめ

富士家では、繁忙期に1日に約800杯も提供します。つまり、地元にも熱欲愛されている沖縄ぜんざい。沖縄のぜんざいを食べるとカルチャーショックをうけるぐらい美味しいです。こんなにおいしい食べ物が日本にあったなんて・・・(涙)。沖縄に来たら超人気店「富士家」に行ってみるのはいかがですか?あなたも沖縄ぜんざい、1度食べればリピーターになるのは間違いなし・・・。

タイトルとURLをコピーしました