Translation

沖縄のご当地グルメ!おすすめの沖縄料理とお店【まとめ】

グルメ
スポンサーリンク

旅行に行ったら、その土地の名物料理を食べたくなります。沖縄には地元食材を使用した伝統的なご当地グルメがたくさんあります。沖縄に来たら、沖縄でしか食べれない沖縄料理を食べたいですよね!今回は沖縄に行ったら絶対に食べたい!!沖縄の有名料理とおすすめのお店をご紹介します。

スポンサーリンク

沖縄そば

「そば」ですが、麺には蕎麦粉を使用していません。小麦粉で作った麺です。ダシは豚骨と鰹節を使用し、スープは透き通ってます。具材は三昧肉、カマボコ、ネギを使用した沖縄独特の料理です。ソーキそばも有名です。ただソーキがのってるかどうかで名前が変わります。沖縄のソールフードです。

https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47000049/

おすすめ店舗 

”てんtoてん”

”食べログ第1位”にもなった隠れ有名店。メニューは限られていますが、全て健康志向!スープもあっさりながらも、奥深い繊細な味わいで、お肉もとても柔らかい!!古代米と一緒に頂くのがオススメ!店内まるでギャラリーのような雰囲気で、味も雰囲気も共に重視!という方に特にオススメ!

住所:沖縄県那覇市識名4-5-2

スポンサーリンク

ゴーヤチャンプル

ゴーヤ、島豆腐、野菜、豚肉を一緒に炒めた料理。チャンプルーというのは沖縄の方言で「ごちゃ混ぜ」という意味。ビタミンCが豊富で夏バテ効果的と言われるゴーヤは一般家庭でも人気の食べ物です。

関連画像https://weekly-pivot.com/

おすすめ店舗

”花笠食堂”

ガイドブックにも載っている程知名度も高く、地元の人たちも足しげく通う人気の食堂。ここのゴーヤチャンプルは、苦みがなく食べやすく美味しい!!

住所:沖縄県那覇市牧志3-24-48

「花笠食堂 フリー画像 沖縄」の画像検索結果出典 https://preacher.ti-da.net/e9906704.html

スポンサーリンク

島らっきょ

沖縄で生産されているらっきょを「島らっきょ」と呼びます。天ぷらにしたり、炒め物にしたりして食べますが、塩でもんで生で食べるのが一番美味しいと言われています。タマネギやエシャレットのような辛味と香りが口の中に広がります。

「島らっきょう フリー画像」の画像検索結果出典 https://www.photo-ac.com/

おすすめ店舗

”平田漬物店”

沖縄県那覇市の台所、『牧志第一公設市場』で島らっきょを中心に販売。創業70年。もちろん購入前の試食もできます。あとでもっと買っておけばよかったと後悔するほどです。観光客の方もリピータが多いです。

■住所:沖縄県那覇市松尾2-10-1

「平田漬物店 フリー画像 沖縄」の画像検索結果出典 http://best-naha.com/shops/k1_054/

スポンサーリンク

ゆし豆腐汁

ゆし豆腐とは豆乳ににがりを加えただけの豆腐です。固まる前の柔らかく、ふわぁとした状態です。濃厚な味わいが特徴。沖縄では味噌汁仕立てで食べるのが一般的です。鰹出汁で味噌風がシンプルで沖縄の素朴な味わいです。

「ゆし豆腐汁 フリー画像」の画像検索結果出典 https://item.rakuten.co.jp/oki-nanaya/hi013/

おすすめ店舗

”高江洲”

創業45年。元祖ゆし豆腐が味わえ、昔から愛されているお店。いつも地元のお客で満席です。座席もあり、小さなお子様用のイスもあるので家族連れでも安心。二日酔いでっもペロッといけるほどの絶品です。

■住所:沖縄県浦添市伊祖3-36-1

「高江洲そば フリー画像 浦添市 店舗」の画像検索結果出典 http://soba.okitown.jp/takaesu-urasoeshi/

スポンサーリンク

ジューシー

ジューシーとは沖縄の炊き込みご飯のことを言います。豚肉をベースに、ひじきやニンジンなどの材料でお米と炊き込みます。本土の炊き込みご飯とは違って、豚肉をベースに作るため、ほんのり甘みがあり、まろやかな味です。特に、沖縄そば屋食堂で食べることができます。

「ジューシー フリー画像 沖縄」の画像検索結果https://www.hotpepper.jp/strJ000741719/

おすすめ店舗

”あやぐ食堂”

お昼時には行列ができるほどの人気店。なんといってもコストパフォーマンスが最高です。リーズナブルのお値段でお腹をいっぱいにできます。海外の観光客もこられます。

■住所:沖縄県那覇市首里久場川町2-128-1

「あやぐ食堂 フリー画像 」の画像検索結果出典 http://blog.livedoor.jp/mostly_benten/archives/660884.html

スポンサーリンク

イカスミ汁

沖縄では古くから薬膳料理として食べられてきました。イカと豚を細切りにしてカツオだしと昆布だしで煮込み、イカスミでさらに味にこくをだす琉球伝統料理です。イカスミですから真っ黒の汁です。イカスミ汁で使用するシロイカは、便秘を改善する作用があります。また血液の循環をよくする働きがあります。

「イカスミ汁 フリー画像 沖縄」の画像検索結果出典 http://seppia.blog49.fc2.com/blog-entry-239.html

おすすめ店舗

”魚まる”

魚屋さんが直営している食堂。新鮮な魚料理がリーズナブルな値段で食べれる!!

■住所:沖縄県那覇市高良3-5-1

「魚まる フリー画像  那覇市」の画像検索結果出典 https://www.tripadvisor.jp/

スポンサーリンク

豆腐よう

琉球王朝時代に中国から伝わった伝統料理です。高級珍味で、島豆腐を発酵熟成させた発酵食品になります。食べ方は、ほんの少しずつそり落としてちょっと味わいます。なめらかな舌触りと独特な風味です。各生産者によっても、若干味が変わります。

「豆腐よう フリー画像 沖縄」の画像検索結果出典 https://www.photo-ac.com/

おすすめ店舗

”龍の蔵【豆腐ようの専門店】”

鍾乳洞の中で1年2ヶ月熟成、味も絶品。専門店です。じっくり時間をかけて熟成させているので角のないまろやかな味わいです。まるでクリームチーズやウニ味噌のような口当たりです。

■住所:沖縄県那覇市松尾1-9-47

「龍の蔵 フリー画像  那覇市」の画像検索結果http://www.oishii-okinawa.com/?eid=949

スポンサーリンク

ニンジンシリシリ

沖縄の代表的な家庭料理。ニンジンの千切りをツナ缶と炒めて卵で閉じます。「シリシリ」とは、「すりよる・こする」ことを言います。ニンジンシリシリとは、ニンジンをおろし金ですりおろす事を意味します。ニンジンが苦手な子供でも食べれます。

「にんじんしりしり フリー画像 沖縄」の画像検索結果出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/

おすすめ店舗

”沖縄居酒家「石垣島」”

ニンジンシリシリが最強にうまいと言われる居酒屋。ニンジンシリシリを目当てに来店する方もおられるほどです。

■住所:沖縄県石垣市石垣14-3

「沖縄居酒家 石垣 フリー画像  石垣市 にんじんしりしり」の画像検索結果出典 http://fumitaku11101.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

スポンサーリンク

パパイヤイリチー

熟す前の青いパパイヤを千切りにして、豚肉、ニンジンなどを一緒に炒め、醤油と砂糖で味付けします。昔から沖縄の家庭で食べられている料理です。

「パパイヤイリチー フリー画像 沖縄」の画像検索結果出典 https://akr6193376075.owst.jp/

おすすめ店舗

”海洋食堂”

創業43年の老舗。元々は豆腐屋さんから始まったお店。夕方になっても客足が絶えない地元ならではの食堂。

■住所:沖縄県豊見城市名嘉地192-10

「海洋食堂 フリー画像  沖縄」の画像検索結果

出典 http://nihon-fudousan.com/Blog/sp/index.php?Cat=2&pg=30

スポンサーリンク

ヒラヤチー

沖縄風のチヂミです。「ヒラ」とは平らなという意味で、「ヤーチ」は焼いたという意味です。薄く、食事というよりは、地元ではおやつ感覚で食べています。また、台風の非常食として食べられています。

関連画像出典 https://tabelog.com/chiba/A1202/A120202/12019795/

おすすめ店舗

”糸満屋”

地元民にも大人気!那覇の大衆居酒屋。いつも満席のため予約が必須!!この店は何を食べても美味しい。魚関係の料理もオススメです。

■住所:沖縄県那覇市三原3-20-9

関連画像出典 https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47017553/

スポンサーリンク

テビィチ汁

豚足です。地元では人気の豚料理です。じっくりと煮付けしたり、塩焼き、唐揚げなどします。じっくり煮ることで、たっぷりのコラーゲンはゼラチンに変わりトロッとした状態になり、とても美味しいです。特に、女性に人気の料理です。

「テビチ汁 フリー画像 沖縄」の画像検索結果出典 https://newspass.jp/a/x3ob1

おすすめ店舗

”たかみ食堂”

とろっとろっに煮込んだてびちぃ汁が大人気。よく煮込まれたてびちぃが口の中でとろけます。最近では、コラーゲンを求めて来店する女性もおられるそうです。

■場所:沖縄県沖縄市大里1-19-34

「たかみ食堂   沖縄 」の画像検索結果出典 https://kozaweb.jp/venue/detail.html?&sp=true&category=1&id=1474

スポンサーリンク

アンダンスー(油みそ)

おにぎりや白ご飯のお供に欠かせない伝統的な料理です。これを食べるとご飯が進みます。豚三昧肉と味噌、砂糖、みりん、酒を弱火でじっくり練り上げて作ったのが油みそです。沖縄の家庭の常備食です。

「アンダンスー フリー画像 沖縄」の画像検索結果出典 https://nanpu.co.jp/marunouchi/

おすすめ店舗

”味噌めしや まるたま”

160年以上まえから首里の人々に愛されてきた玉那覇味噌。ここのみそめしは絶品。ご飯がすすむので、食べすぎには注意。

■住所:沖縄県那覇市泉崎2-4-3-1F

「味噌めしや みそめし まるたま フリー画像」の画像検索結果http://marutama-miso.com/menu/dinner/

スポンサーリンク

中味汁

祝い料理、お客様をもてなすための琉球料理です。中味とは、豚の胃袋や腸などのモツをいいます。中味を長時間、洗浄や水煮など下ごしらえをします。それから、とろけるようになるまで煮込まれます。大変手の込んだ料理です。椎茸、コンニャクを入れあっさりとした味付けで、クセのない美味しいお吸い物です。
「中身汁 フリー画像」の画像検索結果出典 https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E4%B8%AD%E8%BA%AB&srt=dlrank&pp=70&p=4

おすすめ店舗

”やんばる食堂”

昭和49年創業。お客が絶えないお店。沖縄では知らない人はいないほどの超有名店。日中は地元の方から観光客、タクシーの運転手さんまでたくさん来店しています。ここの定食はどれも食べごたえがあります。もし食べきれない場合は持ち帰りできます。

住所:沖縄県那覇市長田2-5-24

「やんばる食堂 フリー画像  沖縄 」の画像検索結果出典 https://blogs.yahoo.co.jp/eminee_k/62668285.html

スポンサーリンク

海ぶどう

沖縄県の代表的な食材です。沖縄の海で育った海藻の仲間です。球場になった葉っぱが、果物のブドウに似ているので、「海ぶどう」と名付けられました。別名「グリーンキャビア」と呼ばれ、プチプチした食感が特徴です。

「海ぶどう フリー画像 沖縄」の画像検索結果https://publicdomainq.net/caulerpa-lentillifera-0012020/

おすすめ店舗

”沖縄料理 元祖 海ぶどう”

海ぶどう丼発祥のお店。農林水産祭天皇杯受賞!!海ぶどうを使ったメニュー多数。

■住所:沖縄県国頭郡恩納村恩納6092-1

「沖縄料理 元祖 海ぶどう フリー画像  沖縄 」の画像検索結果出典 https://shiraishi-okinawa.jp/blog/osg/post-8587/

スポンサーリンク

沖縄もずく

沖縄では昔からモズクを三杯酢で食べられています。オキナワモズクは粘着に富み、太さが1.5〜3.5㎜の褐色から黒褐色の枝が不規則に分岐した琉球列島特産物で全国一の生産です。

「沖縄もずく フリー画像 沖縄」の画像検索結果https://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11023014332

おすすめ店舗

”もずくの専門店 「くんなとぅ」”

生もずくがおかわり自由!!しかも、デザートまで「もずくゼリー」・・・。もずく好きにはたまりません。

■住所:沖縄県南城市玉城志堅原460-2

「もずくの専門店 「くんなとぅ」 フリー画像  沖縄 」の画像検索結果出典 http://news.livedoor.com/article/detail/14540021/

スポンサーリンク

まとめ

沖縄料理は古くから地元の家庭で食べられてきました。中国、東南アジア、アメリカなどから影響をうけ、進化をとげてきた歴史ある料理です。1年を通じて、ほとんどが夏と言っても過言でない沖縄では、暑さを乗り切られるように栄養やボリュームのある料理が多く、沖縄で食べるからこそ料理も美味しく感じられるという、地元ならではの料理が多いのが特徴です。沖縄に来たら、是非ご当地グルメを堪能しましょう!!